ファシリテーション / いわきの復興 

先週はじめ、2日間の研修を実施するためにいわき市に行ってきました。震災から6年、住民協働を進めるいわき市です。住民協働とは何か、深く考えるとともに、その手段としてのファシリテーションを身につける研修です。私の拙い経験や学び、実践していることを精一杯お伝えしました。

 

いわきは、東日本大震災のボランティアで2回訪れた地です。やっとまとまった休みがとれたのは震災から1年後の4月。当時、いわきは、ボランティアが足りていない被災地と言われていました。それでも、いわき市内のホテルは満室で、3つほど隣の駅にホテルをとったのを覚えています。

 

2度目は、同じ年の9月頃だったでしょうか。ゴミ集積場の山が以前より格段に高くなっていました。高いゴミの山を見ながら、あぁ、ボランティアの皆さん、頑張られたのだな、と思いました。今では、そのごみ集積所も、きれいにごみが片付けられているとのこと。被災地は着実に前進しています。

 

 

 

 

ボランティア時に災害時協定でいわきに派遣されていた沖縄の社会福祉協議会の男性と友人になり、未だに繋がっています。何度か沖縄の彼のご自宅にも泊めて頂き、うちにも泊まってもらったことがあります。東京に出張で来ることがあると、飲みに行きます。

私たちを結び付けてくれたのも、いわきでした。ホテルから、彼にいわきの写真を送りました。すぐに彼から、我々の縁の土地だね、と返信がきました。そう。いわきは、私に大切な友人をくれた土地でもあるのです。

 

いわきに少しでもお金を落とそうと、お土産をたくさん買いました。貝や鮪の加工品や珍味、数の子の黄金漬け、福島の桃を使ったジャムやクルミ柚餅子等のいくつかのお菓子類。大変、美味しくいただきました。

 

先日の宮城県庁や宮城県市町村の研修時も考えたことですが、被災地の復興は道半ばです。被災地で懸命に頑張る皆さんのために、私に何ができるか、これからも考え、行動したいと思います。

 

さて、この3連休は、一日秩父にドライブに行った以外は、企画書の作成とそのための資料の読み込み、民間企業での働き方改革プロジェクトのセミナーの準備、140人分のマネジメント上の問題の添削と、結局、働いていました。今週は、600人を相手にワークライフバランス/働き方改革の講演もあります。働きすぎを嘆かず、気を引き締めて自分のなすべきことを為そうと思うこの頃です。

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック