ワーク・ライフ・バランスをとる

久しぶりの更新です。

 

各地に出向くといっても、研修を担当するだけなら余裕があります。ただ、ここ2か月ほどは、研修以外に新規企画書の作成、新しい顧客先に出向いての打ち合わせ・資料作成、研修テキストの執筆、課題の添削をして、月1本のコラムを書き、パワーポイントを作成する等、忙しく働いていました。段々と感覚が麻痺してきます。

 

研修のある時は、終了後、まっすぐホテルに帰って仕事をし、朝早くに起きて当日の研修のチェック(私はこの時に時間配分の計画のメモを作成をします)をする生活です。

前職で働きすぎて倒れた経験から、自分なりにワーク・ライフ・バランスをとらなければと思っていたのですが。

 

そんな忙しさも、今週が終わればひと段落のはず。先週は、新たにお仕事を頂いている民間企業の担当者様から企画書の督促のお電話を頂いてしまいました。電話の後、長崎のホテルでひとり反省をしました。忙しいことは決して良いコトではありません。自治体とはまた異なる面白さのある仕事です。仕事の質の低下に気をつけなければいけない、と肝に銘じます。

 

 

 

研修をしていて、最近、「学んだ内容を職場で実践します」、と言ってくださったり、終了後に名刺交換を申し出てくださる方が増えてきたことは、大変大きな励みになります。研修は、学ぶことが目的ではなく、実践することが目的なのですから。

 

 

今日は、これから、いわきに出掛けます。東日本大震災で泥かきのボランティアに行ったのが福島県いわき市でした。そこで研修を担当できることは感慨深いものがあります。皆様のご苦労に報いるよう、実践につながる学びを心がけます。

 

さて、今週が終われば、先延ばしにしてきた自分自身の新たな仕事にも取り掛からなけばなりません。

私は何者なのか、じっくり自分を見つめながら取り掛かります。

 

 

 

写真は先月、山口での仕事の後に赴いた湯田温泉。この数か月の中で唯一の観光です。

中原中也の生まれ育った地に、やっと訪れることが出来ました。

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック