OJTマニュアル / 桜の記憶

書き仕事が詰まっています。

 

昨日、朝5時までかかって、依頼されていたOJT(職場内研修)マニュアルのたたき台を完成させました(厳密には、5時に諦め、3時間眠って11:00amに完成させました)。来週の木・金は札幌に出向き、マニュアル作成チームとともに2日間かけて内容をブラッシュアップ、その後、イラストレーターに依頼し、4月中に納品となります。月火は長崎で仕事なので、南から北へと、桜前線を追い越して日本列島を縦断します。

 

今回依頼を受けたのは、この10年で構成員が10歳以上若返ったという組織でした。アンケートやその他の調査を反映させ、育成方針をどのように具体化するのか、イメージしながら作成しました。

 

通常、OJTは、職場における業務知識の習得を目的とするものです。

しかし、よくある「知識・技術の承継」だけで良いのか。団塊の世代とそれに続く層の大量退職のため、現在の管理職層はかなりお若いというデータが気になりました。きっと、これは多くの企業でも起きている問題です。

 

大きな組織が機能不全になる原因は様々ですが、組織文化・風土はなかなか手を付けづらい部分です。OJTは人材育成の一環である以上、新しい人材を育て、職場に影響を与え、組織を変える手段になるはず。前例を検証し、澱のように溜まった旧弊を打破してもらいたい。

 

そんな思いもあり、OJTマニュアル作成においては、「新たな知の創造」「新たな組織(職場)文化の創造」を目的のひとつに入れました。意識調査アンケートで「急激な時代の変化を取り込む必要」のポイントが大変高かった点をどうにか反映させたい思いもありました。

 

札幌では、優秀な3名のコンサルタントの方たちと共に、たたき台のワード文書を映写しながら、その一字一句を詰めていくことになると思います。そんな時間も楽しみにしています。もちろん、夜の楽しく、美味しい宴会も。

 

     

 

朝からの雨模様が嘘のように晴れ渡った今日の午後、近くの図書館に犬の散歩を兼ねて桜を見に行きました。

桜は咲いて空を染め、散って地を染める。一週間後、またこの場所を訪れたら、きっと地面は桜色に染まっていることでしょう。

 

1歳のパピヨンに桜はどう見えているのでしょう。空気に漂う桜の香りを覚えているでしょうか。来年連れてきたら、彼女はこの桜を記憶のどこかから引っ張り出してきてくれるのでしょうか。


私も、OJTマニュアルを作成するために徹夜したことをいつかずっと先に、桜の花と共に思い出す日が来るかもしれません。

 

そんなことを考えながら、夕刻の散歩を楽しみました。

 

 

人材・組織開発コンサルタント・研修講師 後閑徹

 

 

 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック