さくらいろ / ダイバーシティの難しさ

 

昨日、ふと空を見上げると、桜の樹々がほのかに桜色を帯びているように見えました。

そして、30年ほど前に朝日新聞紙上に掲載された大岡信氏のエッセイを思い出しました。毎年、この時期になると思い出すエッセイです。

 

開花を待つ桜の樹皮を削り、煮出して布を染めると心が湧きたつような鮮やかな桜色になると草木染作家の方が教えてくれた。桜の樹は、樹に桜色を蓄え、ある時、一斉にさくら色の花を咲かせるのだ、といった内容だったと思います。

 

昔、匿名でブログを書いていたとき、この話を書いたら、その話は教科書で読んだことがあります、と教えてくれた方がいました。

私が心を震わせたエッセイが、社会に認められたようで、とても嬉しかったことを覚えています。

 

 

開花を待つ

 

先月、滋賀のとある場所で、ダイバーシティ研修を担当しました。研修といっても、400人強の方々を対象に90分でする講演です。

90分という短い時間の中で、基本から説き起こし、単なる理想ではなく、現実に職場で実現すべき課題であることを理解し、行動に移していただけるよう、構成に腐心しました。

 

講演の中で、お伝えしたかったことのひとつは、「多様な価値を受け容れる」ということは、同時に「自らも変容する」ことを伴う、ということです。相手に向き合い、自らに向き合い、お互いに影響し合うことは、決して簡単にできることではありません。特に、年を経て、経験と実績を積んだ方々は、往々にして、相手を自分の色に染めがちなのではないでしょうか。それは、「多様性を受け容れる」のではなく、自分の価値に相手を染めることに他なりません。白に赤とオレンジを足していくと、鮮やかな桜色が出来ます。赤が白を飲み込んでしまえば、赤にしかなりません。

 

多様性を受け容れる、自分の価値と異なるものを受け容れるということは、受け入れるマインドをもつことではなく、「自らも変わる覚悟」をもつことに他なりません。

 

 

 

先日、10数年ぶりにビジネススクール時代の恩師に会いに行ってきました。

既に当時勤めていた大手損害保険会社の役員も退かれ、いくつかの大学やビジネススクールで教鞭をとっておられる恩師が、こんな話をしてくれました。

 

仕事の上で、頼りない人間も、家庭に帰れば誰かの大切なパートナーであり、親であるかもしれない。相手は、そういう責任を負っている人間なのだということを忘れず、育てていかなければいけない。

 

相手も一個の人間であると、真に尊重するには、不断の努力が必要です。そして、相手がどのようなものであれ、まずは、その価値に照らし、自分を見つめることが重要です。

 

桜の樹が心を震わせるような桜色に満たされているように、それぞれの樹がそれぞれの色に満たされています。その色を、無下に扱うことは誰にもできないはずです。

 

ダイバーシティとは、身近な職場で実現する問題なのです。

 

 

後閑徹

 

 


 

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック